3DS=デンタルドラッグデリバリーシステム:虫歯菌除去

3DS は21世紀の画期的な未来型の予防歯科・歯科医療

3DS(Dental Drag Delivery System)は国立保健医療学院口腔保健部が開発したもので、非常に注目されています。

歯科SEO対策ならお任せください。被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き!>

虫歯は虫歯菌による伝染性の感染症なので虫歯菌(ストレプトコッカス・ミュータンス)がいなければできません。
そこに焦点を当てて、虫歯菌を直接アタックし口の中から虫歯菌を駆除するものが3DSです。

歯科医師の中には「歯は臓器であり、歯があるのが当たり前の社会をつくりたい」と訴えている方がいます。
この根底にあるのは、「歯は臓器であるのだから、虫歯を治すという発想ではなく、虫歯をゼロにするという発想」です。

これまでの予防歯科では甘いものを控えたり口腔内の清掃といった、いわば生活習慣の改善が中心の歯科医療でした。
このため原因そのものを除去してしまうという予防ができませんでした。

ところが医学の進歩に伴って、虫歯の発生メカニズムが解明され、真の原因が理解されるようになると、原因を直接駆除する糸口がみつかったのです。

歯科治療が終わり虫歯の巣を退治したあとは、残っている浮遊虫歯菌を徹底的に3DSで駆除します。
そして定期的に唾液検査を行なうことで虫歯菌の感染状況を調べ虫歯になる前に対処するという発想が大切です。

虫歯になったら虫歯を治すという対処療法ではなく、虫歯にならないようにするにはどうするか、また子供や周りに虫歯菌を感染させないようにするにはどうするかということに意識を置いてみてはいかがでしょうか。

虫歯にならないようにするための定期検査及び3DSの手順

1、唾液検査
唾液の量と質を調べます。これにより唾液の中の虫歯菌の感染の有無やその数がわかります。
正確を期すために検査は専門機関に依頼します。唾液採取後、1週間で結果が分かります。

2、結果報告と生活習慣チェック
検査結果を報告します。同時に現在の歯磨きなど、口に対するケアや糖分などの摂取や生活習慣について伺いします。

3、予防プログラムの提案
3DSによる虫歯菌の除菌効果や虫歯予防効果を総合的に高めるためにも、あなた個人の予防歯科プログラムを提案いたします。

4、3DSの実施

口腔内に口内炎が発症する因子はビタミンの欠乏がそれの中の一つですが、各ビタミン剤は簡単に飲めるサプリメントや医薬品扱いの飲薬としても数多く販売されています。
奥へ広がった歯周ポケットには汚いプラークが非常に溜まってしまいやすく。そういう風に蓄積してしまった時には、歯を磨くことだけしたのでは完全に取るのは不可能です。
現代では医療技術の開発が著しく進行し、なんと針のない無針注射器シリジェットや様々なデンタルレーザー治療器を使う事で、だいぶ痛みを軽減できる「無痛治療」という選択肢が実用化されています。
大人と同じく、子供の口角炎の場合もいくつか病根があげられます。なかでも目立つ要因は偏食によるものと細菌の働きになっています。
当然歯科医の数が多いときっちり患者を診てくれそうなイメージがありますが、逆にそういう歯科医院は流れ作業のようなスタイルで患者さんに治療を施す診療所があるのです。


プラークコントロールと聞くと、歯のブラッシングを連想する人の方がほとんどだと見込んでいますが実際はそれ以外にもいろいろなプラークコントロールの応用技術が存在するのです。
初期の頃は歯周病を引き起こす細菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが引き金となって歯ぐきが炎症を起こして赤味を帯びたり、ハブラシで歯のブラッシングをすると出血したりする状況になるのが歯肉炎の特徴なのです。
シーラント術(虫歯防止術)は変わった方策ではありますが、保険対象の診療として実施できるためコストに関しては意外にもかかりません。
プロによる歯のクリーニングは、歯周病を招く菌の殖えるのを防止する確かな方策だと科学的な証明がなされており、ただなんとなく気持ちよいというだけではないと言われています。
病気や仕事などで疲労が溜まり体力が著しく衰えたり、栄養のバランスの悪い食事がずっと続く等で体調の良くないコンディションに変わったとしたら口内炎が現れやすくなる可能性があります。


患者に対する情報の明示と、患者の選んだ方法を認めれば、それ相応の道義的責任が医者の方へ厳しく要望されるのです。
維持は、美容歯科分野での治療が終わり満足できる完成にはなっても、おろそかにせずに継続させなければ以前のままに後戻りします。
歯の表層を少しだけ削って白くする研磨剤の入った歯磨き粉というのは多少イメージのよくない作用ですが、もう一度歯が石灰化するのを助けるということは便利な効能となります。
眠っている時は唾液の量がことさら少なくて足りないため歯を再び石灰化する作用が動かず、口のなかの中性のバランスを継続することが難しくなるのです。
仕事や病気で疲れがたまり体力が著しく低下したり、栄養状態の取れていない食事が長く続いたりすると健康とはいえない場面に変わったとしたら口内炎を起こしやすくなってしまうとのことです。

ドライマウスのメインの不調は、口の中がカラカラに乾く、喉が渇く等が一般的です。症状が激しいケースでは、痛み等の不快な症状が出ることもあるとわかっています。
口内炎のでき具合や起こった箇所によっては、舌が勝手に移動しただけで、強い激痛が生じるので、唾を飲みこむ事だけでも辛くなってしまいます。
口角炎になるきっかけでも極めてうつりやすいシチュエーションは、親子同士での接触伝染でしょう。なんといっても、親子愛があって、いつでも同じ場所にいると言うのが最大の理由です。
虫歯の芽を摘むには、歯磨きばかりでは難しく、肝心なのは虫歯を起こす原因菌を根絶することと、虫歯の状態の深刻化を防止するの2つの要点なのです。
人間が生まれ持った噛みあわせは、時間をかけて噛む事で上下の歯が摩耗し、それぞれの顎骨の形や顎にあった、特有のピッタリとあった噛み合わせが完成するのです。

普通永久歯というのは、生えてくるのは32本ですが、場合によっては、永久歯が出揃う年頃になっていても、あるエリアの永久歯が、原因は分からないけれど出る気配のないケースがあるようです。
口の中が乾くドライマウスというのは、ストレスがきっかけでなってしまう患者もよくあることなので、更にこれからの社会では、仕事の忙しい男性にも症状が出現する危険性は十分にあるのです。
ある研究結果によると、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状のなかった人でも、3割~4割の人が口を開けたり閉じたりするシチュエーションで、これに等しいカクカクした音が聞こえることを分かっていたそうです。
大人と同じく、子供がなる口角炎にも色んな誘発事項があります。著しく目立つ要因は、偏った食生活と菌によるものに大別されるとのことです。
大人になったとしても永久歯はむし歯になってしまいますが、乳歯はその構成上、永久歯と比較すると酸への耐性が弱いので、毎日のブラッシングを続けないと、乳歯の虫歯はあっけなく深刻になります。

歯をはるか先まで温存するためには、PMTCが大変大切なことであり、この手段が歯の治療後のままこの先も温存できるかどうかに、強い影響を与えることも分かっています。
唾液の効果は、口内の浄化と菌の働きを妨害することです。でも、それだけではないのです。歯を再石灰化させるには唾液を使うので、分泌される量というのは大切なチェック項目です。
口の中の唾液は、いかにも酸っぱそうなものや、美味しそうなものを目にしただけで出てくるのですが、以外なことに虫歯や歯ぐきの歯周病等を阻止するのに効果的なのが唾です。
ここのところホワイトニングを受ける方が多くなっていますが、施術するときに使用される薬剤が原因で、凍みる感じのする知覚過敏という変調を誘引する事が考えられます。
口臭を和らげる効き目のあるドリンクとして、知られているのがコーヒーですが、好きだからと言ってたくさん飲み過ぎると口の中の水分がカラカラに乾燥し、かえって口臭の元になります。